美肌のために大切なのは、シミやシワを防止すること

“10代から20代前半までの若い頃は、肌の美しさについては特に気にしていませんでしたが、30代に近づき始めると、美肌=若さ、という認識に変わってきます。肌が綺麗な人は、それだけで若く見えるし、肌が荒れていたり、シミが多かったりすると、メイクやファッションでカバーするには限界があります。
40代ともなると、美肌を得るために、というより、少しでも美肌に近づくために使う化粧品の金額も跳ね上がってきます。
今となってつくづく思うのは、シミやシワができてしまってからでは遅い!ということです。日焼け止めもろくに塗らずに外出したり、寝る前のお手入れを怠ったりしていた若い頃を後悔するばかりです。ローマは一日にして成らず、という諺と同じく、美肌は一日にしては成らずで、長年のケアが今となって肌に現れていると身に染みて感じます。
できてしまったシミやシワを消すのはほとんど不可能で、目立たなくする、というだけでもかなりの時間がかかります。特に美白は難しく、シミができないように予防することが大切です。よって、若い頃からのケアが重要なのですが、若い頃は、自分の肌にシミができるなんて想像もしないので厄介です。
美肌を目指して現在の私が心がけていることは、日焼け止めはしっかり塗ること、睡眠をたっぷりとること、就寝前のお手入れは手抜きをしないこと、です。どちらかというと、これ以上肌を衰えさせないための対策ですが、美肌にとっては予防こそが大切なのです。”